« 大阪 夜景 | Main | ほそつじいへえ ティーハウス »

September 15, 2013

大阪。。。2

もう秋〜と感じられる日があったのですが
まだまだ。。今日も暑い1日でした。


1年で一番忙しく慌ただしい決算月も無事過ぎ
やっと静かな日々がやってきました。


Download6


写真は前回の写真と同じ日に撮ったもの
全くのんびりとした更新で情けない限りです。。。


来月には京都に帰れるかも知れないとの
嬉しい予感!!
急に元気になってもううきうきしています。


久しぶりにカメラ抱えて京都の街をお散歩しながら
秋の京都をお伝えできたらいいな〜って思っています。


|

« 大阪 夜景 | Main | ほそつじいへえ ティーハウス »

Comments

お元気になられて行くようで、たいへんに嬉しく思います。


是非、京都散策を存分にお楽しみ下さい。

人気を避けて、すこし裏通りに入ってぶらりも一興ですよ。

ただ、ワタシの場合は、所々で給油、こっちの路地で缶ビール、次の曲がり角の居酒屋という具合に、エンジン油が必要です。

しかし、ときには意外なお店や場所を発見するのも得意です。

まぁ、あてどのない風来坊ですからできる、ささやかな反逆でもあるのですから、真っ当な暮らしのおひとにはおすすめできるしろものではありません。

裏を見せ表も見せて、散る紅葉、ですよ。

Posted by: ぜ | September 15, 2013 at 08:09 PM

>ぜ様

こんにちは。

何とかだましだましですが、行動範囲も食事も自由になりつつあります。

所で昨日は凄い風雨との情報で京都に残してきた家が気になっていたのですが、ぜさんのお家のお近くが如何かしら?と心配していました。

来月の京都入りは久しぶりなのであれもこれもと欲張っていますが、
ぜさんの様な粋で素敵な語らいと共の給油とは違い、あちらでお茶をひとくち。。こちらでお菓子をひとつまみ。。。大人になっても迷子になるのがちょっと嬉しくて(変わってる〜と良くいわれるのですが。。。)そわそわドキドキしながら京都の街を自由気ままに探検するのが最高の贅沢〜と幸せ気分になれる単純な私です。

京都入り出来る日が今からとっても楽しみです。

Posted by: わか | September 17, 2013 at 03:44 PM

ああ、どうも、お見舞いありがとうございます。

ワタシのいるアパートは、西大路と丸太町が交差する西ノ京円町ですから、大丈夫です。

裏を桂川に流れ込む天神川、私たちは紙川と呼ぶ深い川があります。これは、すぐ平野神社から北野天満宮へと向かう流れです。

最近は、歩いて行ける二条、千本出世稲荷当たり散らすで潰れます。

先生でもないのに、年寄りだからセンセと呼ばれてたかられます。

ーーちゃんに祇園小歌を、歌ってもらうためには、もう必死です。ーーちゃんは、もうきっと還暦過ぎているからいきがきれて、せつなくて堪りません。

無理しはって、と思うとカウンターの下で、うずくまってさっとおにぎり握って持たせてくれます。

わたしは、ありがとうオオキニもいわずに、途中で食べながら帰ります。大きな予備校のガード下で缶ビール買って、オオキニ、サンキューってさけびます。

方々でいっせいに犬が吠えて、雨戸がピシャリと閉まる音がします。太子道で、また今度は、清酒大関です。

もう、本当は、お酒なんかやめようと思いますが、ヤメテドウナル、いったいどうするというだ、とまた気を持ち直すという、次第です。

Posted by: ぜ | September 18, 2013 at 02:02 AM

>ぜ様

こんにちは。

台風の影響が少なくて安心しました。
最近は気象の変化も激しく何があってもおかしくない世の中ですから、楽しみはあまり先延ばしせずに(昔は楽しみはとっておいて〜なんて我慢することが多かったのですが。。。)今は少しでも出来ること、手に入る幸せをちょっとずつ味わうことにしています。

ぜさんにとって大切な方々との時間を一緒に過ごすには欠かせないお酒は宝物ですからどうぞお体にさわらない程度で思う存分楽しんで下さい!

私も食べたいものをあまり我慢しても仕方がないと禁止されている食材等心配ながらも挑戦して。。セーフ〜!とドキドキの日々もまた良いかななんて思ったりと相変わらずの日々です。

Posted by: わか | September 21, 2013 at 08:37 AM

オカラダニ、サワラナイテイドに、、、。

そ、だねぇ。

そうじゃなくてはただの、飲んだくれですから、ねぇ。


でも、さわっちゃうかなぁ、ふふ、ふ。

Posted by: ぜ | September 22, 2013 at 08:54 PM

>ぜ様

こんにちは。

そうですか。。
さわっちゃいますか。。。

いつまでもお元気で人生を楽しんで頂きたいので、お酒はほどほどに〜とお願いしたいところですが難しいですね。

お酒とは長年のおつきあいですから、これからもずっと良い関係が続きますようにと願うばかりです。。

Posted by: わか | September 25, 2013 at 02:46 AM

カンカンカン、八方踏んで登場するムサシボウベンケイが月掛け貯金、健康診断に勤しんでいたのでは面白く有りません。

一方、美男優男の義経の、オカマ趣味、弁慶男色でも、ことは事さらに面妖なる舞台と相成る訳です。

ここは、一つ、ドウドスおざぶでも、とうつむいたまま次の段取りを運ぶ五番丁夕霧なんとやらも必要なのです。

つまり、イロトヨク。
中途半端な教養も文化も沈黙してしまう、千年の都、この怨念の路地のうめき声が、酒の中で、ようやくのこといきをしているのかもしれません。

フウテンノトラは、

なぁに、相変わらずの地道な暮らしよ、とこたえます。
逆説、パラドクスです。

Posted by: ぜ | September 27, 2013 at 01:08 AM

>ぜ様

こんにちは

ぜさんにお体にさわらない程度に。。。なんて偉そうなことを言ってしまった私ですが、体にさわっちゃうかな〜と思いつつふらふらと遊び歩いていたらちょっぴりダウンしてしまいました。
だめですね。。。

でもめげずに来週待ちに待った京都入りの計画を立てています。
大好きな京都の空気を吸い込み街をさまよい歩けばきっと気分爽快!
ぜさんのおっしゃる通り千年の都。。。何とも不思議なパワーをたくさん溜め込んでこなければと思っています。

Posted by: わか | October 08, 2013 at 11:36 AM

イツマデモ、イツマデもずっと元気で美しく、それなりに生きて行けると思っていましたが、どうもそうではない閉じ各をせざるを得ない自体、現実が見えてしまいます。

いくら、意思の力や少々の努力では追いつか無いときが、長生きをすると自覚するときが有ります。

酒の力や、妄想するイマジネーションでごまかしごまかしはするのですが。

岸べの風景で、見事な迷い込む女性を演じた八千草薫の可愛さ、美しさは筆舌を超えます。
我等が世代の吉永小百合、栗原小巻、愛くるしかった内藤洋子、しかりでしょう。

イイエ、イヤイヤ、小百合さんの知的な程よい歳の取り方とワカワカシサ、、、等といいますが。

、、、夜更けの千本通りもサンジョウクダル白川通りも、最近行かなくなった古川町ショウテンガイの、美優も、、です。

私は、少し老人性の鬱病かもしれません。
カラダヲヤムカ精神をやむか、でしょう。

まだまだ以前として、ほのかに色香を残す気配の貴方ですから、どうぞ、とおりいっぺん名観光等やめて、鬱蒼と挫折と怨念のうずまく裏町を、是非とも堪能下さい。

千本通り、出世稲荷下がる、居酒屋、あき、ではどうも死んで閉まったことになっているようです。

先生等と呼ばれていい気になっはった、ふーちゃん。どないしてんやろ、死なはったみたいやし、、。グフフ、フ。

死んだ噂が立つと、ふ、ふふ、元気になると言う昔話が有りますが。

Posted by: ぜ | October 09, 2013 at 07:29 PM

あ、今書いたコメント消そうかと、迷っています。


弱々しくて、つまんないぐちになっている。

しかし、なんだか、シャクダカラこのままにします。読んだら、すぐにこれと一緒に削除願います。

私、弱気と愚痴嫌いなんです。

Posted by: ぜ、さん | October 09, 2013 at 07:37 PM

>ぜ様

こんにちは。

暫くどころか年単位でご無沙汰してしまったお店にひょっこりと顔を出すとマスターやママの大げさ過ぎる大歓迎に戸惑うこともしばしばですが、ちょっと嬉しかったりして。。。
新しいボトルを入れて(飲めないのに生意気にもボトルキープしてあるお店もあったりして。。。)しまいます。

お世話になったお店には近況を報告がてらに今回の京都でちょっとお邪魔してみようかな?って思います。

所で「岸辺のアルバム」懐かしいですね。
主題歌が大好きで良く聞いていたのを思い出しています。

そしてぜさんに貴重なお時間をいただいた大切なコメントですから削除なんて勿体ない!
いつもありがとうございます。
相変わらず更新も滞っていますがまた記事を書いていきたいと思っています。

Posted by: わか | October 14, 2013 at 11:44 AM

飲めないのに、、ね。

そうですか、それなりに、そう言う夜もあるわけですよ。

ノンデハイカン、飲んでは後の段取りがと思いつつ、さらに尽くせ一杯の美酒という手合いで、どれほど多くの臍をかんできたことか。

私は、鴎の港。ちあきなおみ、の歌のような店ばかり探します。黙って食事だけしていると、ノマナイノ?手伝ってあげるから、といいながら無理矢理飲ますのだから、たまりません。
手伝ってもらいたいことはほかに有るんですが、それでも、また馬鹿っぱなしばかりして、しとどによいしれて行く訳あり飲み屋です。
tたまーに、ナニカカノナガレとハズミで、女性と一緒に行くと、これがまた、、、ですよ。

ナントカとお金は生きているうちに使え、なーるほどです。
あ貴方の、そのお店、キニナルナナァ。

Posted by: ぜ | October 14, 2013 at 11:49 PM

>ぜ様

こんにちは。

やっと京都入りする事ができました。

大好きな京都の空気を吸えるだけで幸せいっぱいになってしまう私ですが、お馴染みのお店を覗いては「お帰りなさい」の声を沢山いただいちゃったりして、帰ってきた〜って実感しています。

もう暫くのんびりと京都の街(ぜさんのおすすめの人気を避けて、すこし裏通りに入って。。。と、ちょこっと夜の京都も)楽しめそうです!

Posted by: わか | October 24, 2013 at 07:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45643/57390614

Listed below are links to weblogs that reference 大阪。。。2:

« 大阪 夜景 | Main | ほそつじいへえ ティーハウス »