« 懐石 瓢樹 | Main | エレファントファクトリーコーヒー »

March 06, 2012

お茶とケーキでリフレッシュ

Dsc_2746

月と六ペンス
(京都市中京区二条通高倉西入る)

街の喧噪から離れて。。。
本好きにはたまらない空間です。


Dsc_2753_2

小さな看板が階段脇にひっそり。。
見つけるのは至難の業です。


Dsc_2786

ミスリム
京都府京都市上京区河原町丸太町下ル


丸太町のバス停のすぐ側で
真っ白な外観でお洒落〜
すぐに見つける事が出来ます。

Dsc_2790

ゆったりと優雅に過ごせて
紅茶好きにはたまらないお店です。

Dsc_1913


色々なチョコレートを
手に入れる事が出来て嬉しい2月でした。

私が私にチョコレートをプレゼント!
「良く頑張りました!ご褒美です」って
無理やり理由をつけて毎年美味しく頂いちゃいます。

今日から暫く京都を留守にします。
決算月に次いで忙しい3月ですから
チョコでたっぷりつけた栄養?の数キロを
しっかり落とせるかしら。。って期待をしながら
思いっきり頑張って来ようと思っています。


|

« 懐石 瓢樹 | Main | エレファントファクトリーコーヒー »

Comments

こんにちは。

また素敵なカフェをご紹介いただきありがとございます。私は本好きなので、ぜひ行ってみたいです!

また、わかさんの今回の上京はとても充実していた様子で何よりでした。忙しい日々にはリフレッシュの時間を持つことが大切ですよね。

私事ですが、祖父が今月上旬に他界しました。自宅介護をしていた母がようやく泊まりで出かけられるようになりましたので、母がかねてより行きたいと言っていた祇園祭の上洛が決まりました。今回は相方抜きで、従妹を含めた3名での上洛…新鮮です。親と宿泊旅行に行く年ではなくなり、次はいつになるかわからないので、精々親孝行をしたいと思います。

わかさんも、年度末のお忙しい御身と拝察しますので、お体にはお気をつけください。

Posted by: シーバス | March 21, 2012 12:24 PM

月と六ペンス・

高等学校一年生のときに同級生の女の子が是を愛読書だと言ったときから、私は文学恐怖症になったまです。

しかし、ここなら少しはリハビリが出来るかもしれません。

Posted by: ぜ | March 21, 2012 11:18 PM

>シーバス様

こんにちは。
やっと一段落してほっとした瞬間にダウンしてしまいお返事遅くなってしまいすみません。
体力の無さを痛感している所です。。

次の京都入りはお母様とご一緒なのですね。
お心優しいシーバスさんですから日頃から充分に親孝行をなさっていらっしゃる事と思いますがお母様にも祇園祭を堪能して頂き、思い出深い素敵な京都の旅になりますようにと心から思っています。

所でこのカフェは前回シーバスさんが宿泊された所から歩いて10分足らずの所にありますがもっと近くてやはり本が山積みされているお店を是非シーバスさんに紹介したいと思っています。
次回はどちらにお泊まりかわかりませんがまたまたちょっと見つけにくいのですが開いた時間がありましたら本を片手にふら〜と立ち寄って頂けたらと思います。遅くまで営業しているようですが夜はもっと見つけにくいかしら?と心配しつつ久し振りのブログはそのお店からと思っています。

お母様に喜んで頂けるスケジュールを色々とお考えと思います。
私もこれから色々素敵なお店探し頑張ります。

Posted by: わか | April 02, 2012 09:33 AM

>ぜ様

こんにちは。

月と六ペンスが愛読書のお友達がいらっしゃったのですね。
私は遠い昔に読んだかな?。。って記憶も定かではなくお恥ずかしい限りですが、このお店にはきっと本が大好きな方達が自然と集まるのかしら?って思います。

私はただぼ〜と外を眺めているだけでしたが何故か落ち着き力がす〜と抜けて気持ちよかったです。
ぜさんももし機会があったら覗いて頂けたらと思います。
京都には不思議な空間のカフェも沢山ある様なのでこれから探検してこようと思っています。
素敵な報告が出来れば良いな〜って思っています。

Posted by: わか | April 02, 2012 09:49 AM

カフェというか純粋に喫茶店でしたらスノッブで退屈ではありますが瓦町の『フランセ』はどう見ますか?

周辺が妙な風俗で囲まれ始めて空気が悪くなりましたがそれでも先週には行きました。

クラシック音楽と重厚な落ち着きのあるたたずまいは昔ながらであります。

ただ女子従業員が無愛想ですねぇ。

Posted by: ぜ | April 02, 2012 11:50 PM

>ぜ様

こんにちは。

木屋町にある、四条通からちょっと入ったお店ですね。
ぜさんの仰る通り私もお店までちょっと緊張してしまう環境の細い道を歩いて行かなければならないのが残念だな。。って思いますが、歴史を感じる店内でゆったりとした時間を過ごすのが好きです。

近くにある村上重で季節のお漬け物を色々選ぶのも楽しみですし。。

「ソワレ」「築地」と並んでいつまでもずっとずっと同じ姿で続いて欲しい喫茶店だなって思います。

歴史あるお店を守って行くのは大変だと思いますが日々の忙しさの中にあってもお店を愛する気持ちがいっぱいのスタッフに出会えたらより美味しく素敵な時間を過ごせる気がします。
贅沢な望みなのでしょうか。。

近いうちにちょっと覗いてみようかな?って思っています。

Posted by: わか | April 04, 2012 03:18 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お茶とケーキでリフレッシュ:

« 懐石 瓢樹 | Main | エレファントファクトリーコーヒー »