« 2009年11月の京都 | Main | マールブランシュで絞りたてモンブラン »

December 02, 2009

吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎

毎年この時期楽しみなのが南座での
「吉例顔見世興行」ですが
昨日夜の部を観る事が出来ました。


一階のロビーではいつもの光景。
ご贔屓さんからの贈り物。


091201000s


玉三郎さんの揚巻の美しさと
衣装の素晴らしさに感激でしたが、
昨日の南座はとっても静か。。。
やはり襲名披露がある顔見世がいいな〜って思います。

2004年12月 十一代目市川海老蔵襲名披露公演 
2005年12月 坂田藤十郎襲名披露公演      
2006年12月 十八代目中村勘三郎襲名披露公演
凄く賑やかだった顔見世が懐かしく思い出されます。


2階のリニューアルされたレストランで
お茶と可愛いお砂糖のお菓子をいただきました。

一回目の幕間は20分だからでしょうか?
誰もいなくてちょっと寂しい。。


0912010002


でも次の幕間はお弁当タイム〜
すでに予約で満席だそうです。


今年も南座で顔見世を観る事が出来て
とっても幸せでした。

|

« 2009年11月の京都 | Main | マールブランシュで絞りたてモンブラン »

Comments

わかさま

私も歌舞伎大好きなんです!
海老蔵さん見ました!
あの睨みは最高ですよね。小林真央ちゃんの気持ちがよくわかります。
毎日睨んで貰ったら一生無病息災かしらと… 笑
藤十郎さんの京鹿子娘道成寺はさすが踊りの名手 うまい!と この私でさえ思いました。

私も本当は師走に南座で歌舞伎をみて、一年をしめくくりたいんだけどなぁ~。
なかなかそうもいかず地元での観劇で残念ですぅ。

Posted by: マリ | December 02, 2009 at 08:58 PM

>マリ様

おはようございます。
海老蔵さんの「源氏物語」は楽しくて最高でしたね。勿論助六も惚れ惚れしちゃいますが、どんどん迫力が増して将来が本当に楽しみで菊之助さんと共にこれからの歌舞伎界も安泰だなって思います。藤十郎さんも今回の顔見世で凄い存在感で舞台が華やかになりました。
顔見世を観た後今年も残り少なくなった事を実感しています。

マリさんは地元で観劇なんてとっても羨ましいです。
私は地元ではなかなか観劇の機会がないので石川県の小松劇場うららに歌舞伎の巡業がないかな〜っていつもチェックをしています。
マリさんと歌舞伎のお話が出来て嬉しいです。
これからも沢山歌舞伎のお話で来たらいいな〜って思っています。

Posted by: わか | December 03, 2009 at 07:12 AM

わかさま

海老蔵さんの助六にはほんと惚れぼれしましたぁ~。
揚巻&助六ときたら いなり寿司!とまた食いしん坊の私です 笑
京都ではお稲荷さんの耳みたいに三角で具も多いのに、
地元では俵型で具があまりなくあっさり…。
お雑煮もしかり。
京都では、白みそに根野菜いろいろなのに、地元ではおすましに、お餅と青菜だけとあっさり…。
私はこの時ばかりはと白みそを、たっぷりたっぷりいれたお雑煮が大好きです。
この時期なら、残った白みそで柚子みそを作って、大根を昆布だしで柔らかく煮含めて、ふろふき大根もいいなぁ。

新鮮なお魚で作られる わかさんの西京焼き、おいしそうです。
のどぐろとかで、こさえたら最高なんでしょうね。


Posted by: マリ | December 03, 2009 at 05:57 PM

>マリ様

俵型のお稲荷さんで中には酢飯が。。お雑煮はあっさり〜もしかしたらマリさんは関東にお住まいなのでしょうか?
京都に来て三角のお稲荷さんに具沢山の中身、白味噌仕立てのお雑煮、すき焼きはまずお肉!と色々な違いに嬉しい驚きを沢山経験しているのですが、私も関東出身なのでマリさんと一緒のお稲荷さんで育ちました。
お正月の丸いお餅も京都に来るまで手に取る事もなかったのですが、最近は色々な行事もあって京都生活を楽しんでいます。
きっとマリさんはお料理上手なのでしょうね。私も白味噌を美味しくアレンジ出来るように頑張らなくては!って思います。
今年こそ美味しい白味噌仕立てのお雑煮でお正月を迎えられるように頑張らなくては!って思っています。

Posted by: わか | December 04, 2009 at 09:38 AM

わかさま

昨日、京都から地元名古屋に帰ってきました。
心配していたお天気ですが、雨にもあわず助かりました。

念願のオ・グルニエドール行きました!
タルトを頂きましたが、手作り正統派の王道って感じが伝わり、さすがでした。
大丸さんの地下で私の好きなポールボキューズのパンを買い。。。
錦市場では思わず京丹波の焼ポンを、大藤でちょっと甘めが私のお気に入り千枚漬けと、ピリッとわさびのきいた長いものお漬もんを。。。
わかさんに教わった、柳馬場通りの五行の場所を確認、町屋が素敵~。次回は絶対行きたいです!

夕飯は錦市場の西の端にある‘そや’という、お豆腐のお店の本店に行き、師走おまかせコースをいただきました。えぞ鹿など季節の食材も豊富に、とっても工夫されたお料理の数々で器も凝ったものばかりでした。塗りのお椀にも霧が吹かれ、蓋をとる瞬間もワクワクします。もちろん食後のコーヒーにもちゃんとニガリがお供してきましたよ。是非また行きたいお店です。

Posted by: マリ | December 08, 2009 at 08:14 PM

>マリ様

こんばんは。

私も昨日京都から地元富山に帰ってきました!
もう少し京都の空気を吸っていたかったのですが。。。

マリさんは名古屋にお住まいなのですね。名古屋には美味しいものが沢山あって、友達とひつまぶしを食べに行く事がありますが新幹線であっという間で便利ですね。

京都を堪能され、オ・グルニエドールも気に入って頂いて良かった〜って思っています。私もタルトを頂く事が多いのですが本当に美味しいですね。
五行もチェックしてくださったのですね。外観からはラーメンのお店とは思えないと同じに中もとってもお洒落です。夜は離れバー蔵もあるのですが、なかなか夜に行くチャンスがなくて残念だな。。って思っています。
所で「そや」ですが私も開店当時友達に誘われて行ったのですが錦にこんなお洒落なお店が!て思っちゃいますね。
師走のおまかせコース〜!この時期はあつあつのお料理がご馳走ですがどんなメニューだったのかしら?なんて羨ましく思っています。
本当に盛りだくさんの「京都おもいっきり満喫の旅」マリさんの行動力には本当に驚きです。私も大好きな京都の街歩きをしているようで楽しませていただきました。ありがとうございます。
色々教えて頂いたマリさんのお気に入りの数々を私も是非味わって見たいな〜って思っています。

Posted by: わか | December 09, 2009 at 07:23 PM

わかさん 質問です。
以前はメールアドレスを記載するとposted byのところでリンク(オープンに)されていたと思うのですが、今はわかさんだけに分かる状態に変更されているのですか?HPやブログならリンクになるのかな?

オ・グルニエドールの話題に乗っかります。
ここのオーナーって1983年に神戸ポートピアホテル内レストランの『アランシャペル』に入社
ってなってました。
その年に若かりし僕もアランシャペルに食べに行きました。と言うよりエレベーター降りたらいきなりレストラン。そして値段見てびっくりでした。

Posted by: こうじ | December 10, 2009 at 08:22 PM

>こうじ様

こんばんは。
ブログのコメント欄など以前のままでいじっていないのでどうしてかわかりませんがURLを入れるとリンクになるのかも知れません。答えになっていなくてすみません。何かわかったらお知らせしますが変更はしていないので宜しくお願いいたします。

所でオ・グルニエドールは開店当時よく通っていて奥様?(違うかしら。。)には今では考えられないお願いを聞いて頂いていましたが、オーナーは気さくでお客様(きっとお知り合いの方々だと思いますが)とお気に入りのお店など楽しそうにお話していらしたのが印象的でしたが後で凄い経歴をお持ちと知りびっくり〜でした。
「アランシャペル」こうじさんが驚きのお値段なら私はお店の近くにも行けませんがさぞ素敵なひとときを過ごされた事と思います。
オ・グルニエドールは最近ちょっとご無沙汰ですが機会があったらまた行ってみたいと思っています。

所でおせちの中にこうじさんの作品も加わるのでしょうか?
腕の見せ所ですね。
ご家族の方も期待なさっていらっしゃるのでは?って思っています。

Posted by: わか | December 11, 2009 at 05:08 PM

わかさん
変な質問でしたね、ごめんなさいね!
おせえちには僕の作品は加わりませんよ。
でも数の子だけは何とか増やしたいですね!
(薄皮くらい剥くかも!)(笑)

Posted by: こうじ | December 11, 2009 at 06:35 PM

>こうじ様

こんばんは。
こちらこそあまりこのブログのシステムを知らないまま運営していてお恥ずかしいです。

数の子の薄皮を剥くお仕事もとても重要だと思います。
ご家族の方は幸せですね。
私の知っている限りおせち作りのお手伝いをして下さるご主人を持っている友人は本当に数少ないです。
いつ頃京都入り出来るかわかりませんが今年はちょっとだけおせち作り頑張ろうかな?なんて
今は真剣に考えています!。。。

Posted by: わか | December 12, 2009 at 03:37 PM

南座在四条。大橋

minmiza,very beutiful kabuki theatre is located by the kamoriver in sijyo street.

as you know kabuki has teremendouly long history and a lot of stories including gorgeousu secrets of the oldest capital kyoto.

if you have a chance to visit kyoto,please come to this fantastic theatre.

im sure you should understand secret of kyoto.ze

Posted by: zeyoshitanef@gmail.com | January 03, 2015 at 07:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45643/46911856

Listed below are links to weblogs that reference 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎:

« 2009年11月の京都 | Main | マールブランシュで絞りたてモンブラン »